自分で行うタロット占い

タロット占いのタブー

タロット占いを自分で行う上で、いくつかのタブーがあります。けれどもこれらタブーをおかしたからといって呪われたり罰が当たるわけではありません。けれどもなるべくなら注意したほうが良い、という意味での禁止事項です。

まず一度占った時に自分の気に入る結果が出なかったからといって、その後何度も何度もいい結果が出るまで占いを続けるという行為は止めておきましょう。何度も占って、やっと気に入るような結果が出たとしても、それは占った人にとって決して満足いくものではないでしょう。

そのような精神状態では、いい結果が出てもそれが本当かどうかを確認したいがためにまたタロットを切ってしまうかもしれません。一つの質問に対しタロットを切ることは一度きりと決めて、悪い結果が出てもその内容をよく考えてる癖をつめましょう。意外なキーワードや状況の分析から、解決策や突破口が見えてくるものです。安易に占い直すことは止めましょう。

それから中古のタロットカードや人から譲ってもらったカードには人の念や想い、使っていた人の癖がついていると言われています。なるべく新品のカード、また普段自分だけが使用しているカードで占いましょう。 また占いを始めるときは一発勝負と考え、姿勢を正し精神を集中しましょう。そしてカードに触れるときは手をきれいに洗い、使用した後もテーブルの上に投げ出したままにせず、専用のポーチやボックスに収納することをお勧めします。

人によっては自分のことを占ってはいけない、と言う方もいますが、それはタブーというより考え方の相違のようです。初心者のうちは、簡単に他人を占うことは避けた方がベターです。ですから自分の事を占って腕を磨く時期は必要なのです。もしタロット占いの腕が上がりプロとしてキチンとした実績が残せるようになった時に、自分だけのルールを作ることは必要かもしれません。けれども最初から自分のことは占わないと決め付けてしまうと実占できませんので、柔軟に考えてください。

スポンサードリンク