タロットカードについて

タロットカードの解釈

タロット占いを行うことはさほど難しくないと前述しました。それは間違いのないことで、初心者でもライダー版やマルセイユ版のタロットカードをフルデッキ(78枚)で揃え、書店でタロットの解説書を一冊買ってきて本に書かれた手順通りにカードをシャッフルして並べれば占いが出来ます。大変気軽に行えますので、自分で自分のことを占うことはもちろん、好きな芸能人やスポーツ選手の先行きや試合結果、また好きな人の気持ちなど気になることを占う事もできます。

けれども、タロットカードを所定の方法でセットし、占いをすることは簡単なのですが、出てきたカードをいかに解釈するか?また、目の前にある現実と照らし合わせて、どれくらい深くカードの象徴からキーワードやインスピレーションを感じ取り現実に言葉として表現できるか?に関しては、解説書に書かれている内容だけでは不十分です。

また、カードが逆さまに出てくると悪い意味になる、という解説書を鵜呑みにして、出てきたカードの意味をそのまま繋げてみても解釈はちぐはぐなものになってしまいます。ずっと明るいイメージのカードが出ていたのに、最後に死神のカードが出てしまった、意味が分からない、タロットなんか当たらないしまともに占えないのではないか?と疑問を感じ、分からないまま挫折することもあります。

一枚引きのカード占いでは重要視されませんが、三枚引きなど複数のカードを解釈する際はコンビネーション・リーディングと呼び、出てきたカードがお互いに影響しあうとされています。ですからずっと明るいカードが出てきて最後に嫌なイメージのカードが出てきた時は、最終結果は必ずしも悪いものではなく、カードの内容にもよりますが、調子が良いからといって天狗にならないように、という警告の意味合いで出てくることもあり、また新しい自分を発見できるという明るい意味合いが含まれることもあるのです。逆に暗いイメージのカードが続き、最終結果に大成功を意味するカードが出ても、その幸運は割り引いて考えるようにとされています。

手引書に書かれている例題どおりの解釈が常に出来るとは限りません。ですから自分で実践し、本の知識に加えて、自分自身の経験も加味しながら占いの精度を高めていくより他ないのです。

スポンサードリンク