タロットカードの構成

大アルカナ

タロットカードは全体で78枚もあり、その全ての内容を一枚一枚覚えようとすれば大変な労力と時間がかかります。そのためタロット占いを始めたばかりの方は、タロットカードの中でも大アルカナ(メジャー・アルカナ)と呼ばれる22枚の寓意的なイラストが描かれたタロットカードから始めるのが一般的です。

また広くタロットカードと呼ばれるものは、この大アルカナ22枚のカードを指すことが多く、残り56枚の小アルカナ(マイナー・アルカナ)の意味や占いの方法などは、大アルカナでタロットの扱いに慣れてから、次の段階として手をつけるのが良いでしょう。 この大アルカナは0番の愚者から始まり1番の魔術師、2番の女教皇、3番の女帝と続いて最後は21番の世界のカードで終わります。

面白いのはタロットが1番から始まるのではなく0番のカードから始まる点で、この0番の愚者のカードはトランプのジョーカーの原型とも言われており、愚者には、自由奔放で型にはまらない、好奇心旺盛などの意味があります。

タロット占いをするためには、これらカードの意味を22枚分覚える必要があるのですが、集中して学べば、それらの意味を覚えることは比較的易しいのではないかと思われます。それはカードに描かれたシンボルや色合い、登場人物や背景、さらにカードに与えられたタイトルなどからキーワードを連想しやすいためです。

大アルカナの中には「死神」「悪魔」「塔」など不吉なイメージを連想させるカードもありますが、これらのカードが実際に展開されたとしても、身近な人が必ず死んだり悪魔にとりつかれたりすることはありません。タロットに描かれた図柄はあくまでキーワードを連想させるものであり、必要以上に恐れることはないのです。「死神」の意味は、良い意味合いで出れば束縛からの解放であったり新しい生活を始めるなどプラスの解釈になりますし、マイナスの意味が出たとしても身動きの取れない状況や不安定さなど、人の死に繋がる解釈はしていません。時に人の死を暗示することもありますが、そのような意味で展開されることは非常に少ないのです。

スポンサードリンク