タロット占い

タロット占いとは?

世の中には本当にたくさんの占いがあります。タロット占いはもちろん、易占いや気学、四柱推命、西洋占星術、手相や家相など数え出したらキリがありません。 この多数の占いも大まかに3つのジャンルに大別することができます。

まず西洋占星術や四柱推命、宿曜占星術を中心とする「命占(めいせん)」。それから人相や手相など、人間から直接観察できる顔や手のひらで占う「相」の占い、それから最後はタロット占いや易占など、何らかの占い道具を用いて偶然性で占う「卜占(ぼくせん)」です。

どの占いにも一長一短があるため、それぞれの短所を補うために命占と卜占を一種類づつ習得しておくと良い、とされています。 命占は生まれた人のデータ(生年月日や名前)から占う方法で、長期的なスパンの将来を読み解くことができます。逆に「飼っているネコが逃げてしまった、帰ってきますか?」という短いスパンで具体性を求める占いには向きません。

逆に卜占は「私に向いた仕事は何ですか?」という個人の能力や、長期的な運気の波を知るための占いに向きません。 相の占いは、実際に質問者の顔や手のひらを見なければ占うことが出来ないのが泣き所です。 タロット占いは卜占に分類され、現実的で身近な問題を占うことに適しています。

タロットカードをよくシャッフルし、さらにカットして、カードを決められた位置にセットすると占うことが出来ます。そこでどのようなカードが出てくるかは実際に開いてみなければわかりません。これこそ偶然性を利用して占う占いの醍醐味であり、よく当たるタロット占い師とは、特定の質問に対して正確なカードを引き当てる才能を持つ者を言います。努力だけではどうにもならない部分に頼らなければなりません。当たる占いをすることは案外難しいのです。

スポンサードリンク